会社情報|会社沿革

会社沿革

1954年 大阪市西淀川区にニッコー金属工業株式会社を設立。資本金200万円。
自動車用ホ—ンと自転車用錠前の製造販売開始。
1955年 自動車用電気式警音器部門で日本工業規格(JIS)表示許可を受ける。
1958年 我が国で最初のオートバイ用小型渦巻ホーンの製品化に成功。
小型ホーンの分野で確固たる基盤を確立。資本金650万円に増資。
1959年 資本金900万円に増資。
オートバイ用超小型平型ホーンを開発、生産開始。
1960年 マリーンボート用ホーンの輸出を開始。
1963年 自転車用ブザー、ならびに小型発音体の製造、販売開始。
1964年 自転車用錠前部門で、日本工業規格(JIS)表示許可を受ける。
輸出貢献企業の認定を受け、以後連続認定される。
1965年 我が国初の密封式渦巻ホーンを開発、Pシリ−ズとして随時量産に入る。
1966年 コンビネーション式チエーン錠の量産に入る。
1967年 資本金1,050万円に増資。
1968年 自動車用バックブザーの製造販売を開始。
1969年 自動車用各種警報ブザーの量産を開始。
1972年 資本金2,250万円に増資。
1980年 運輸省認定第4種汽笛の製造販売を開始。
1985年 インドのニッコーオートプライべイトリミテッド社に対して技術援助提携を行なう。
1986年 日本小型船舶検査機構認定第5種汽笛の製造販売を開始。
1987年 タイにタイ・ニッコー金属工業株式会社を設立。
自動車用およびマリーンホーンの生産開始。
1992年 兵庫県多紀郡(現:篠山市)に工場を移転。
社名を「株式会社ニッコー」に改称。
1994年 電動アシスト自転車用錠前の供給開始。
1997年 インドのニッコーオートリミテッド社に対して第2次技術援助提携を行なう。
自動車用超小型平型ホーンを開発、生産開始。
(財)自転車産業振興協会主催の第一回自転車新製品コンペティション(設計競技会)にて入賞。
1998年 マレーシアにE.V.AUTOを設立、自動車用ホーンの生産開始。
2001年 中国上海市に海外連絡事務所を開設。
2002年 資本金3,250万円に増資。
2003年 資本金8,000万円に増資。
2006年 ISO9001:2000認証取得(JQA-QMA12829)
2007年 ISO14001:2004認証取得(JQA-EM5747)
2010年 金型温調機の開発完了。金型温調機製造販売開始。
錠前Abrigoブランドの製造販売開始。
2015年 中国上海市に日浩(上海)商貿有限公司を設立する。